田舎への移住!家も持てるし

現代の日本では情報通信技術の発達や高速インターネットの普及、全国規模でサービスを展開する小売業者などが登場してきたことによって、これまでよりも都会と田舎の間で発生する違いが小さくなりました。これまでは「最新のものがほしい」というような場合や「仕事がある」といったような理由で都会に住む人が多かったのですが、昨今ではそうしたあり方はだんだんと変わってきているのです。

そうした中で生まれてきたのが「田舎への移住者」です。都会の生活に疲れたというような人や、生活にかかる固定費を安くしたいというような人、仕事をインターネットで行えるために都会にこだわる必要などが無い人などがこの田舎への移住を考え、実行するというような傾向があるのですが、それでは田舎へ移住することの魅力とは何なのでしょうか。

「住宅集客」のプロ〈チタン〉にご相談下さい

この魅力については非常に多くあるのですが、中でも特に大きな魅力となってくれるのが「不動産価格が安い」というところです。

不動産、特にマイホームなどの「住居としての不動産」は、現代を生きる人にとって一つの憧れともなっています。
結婚をしたというような人や、ある程度の仕事をしているというような人の場合はマイホームという不動産を購入することを人生の目標に据えることが多いのですが、こうした不動産は押し並べて高価な商品です。

例えば東京都の中でも特に住宅相場が高い地域として知られている港区の場合、その住宅相場は実に1億円近くになります。
これが4LDKなどの物件になると、価格は3億円を超えることもあります。

プロの防犯設備士が在籍する≪日本防犯設備≫

こうした不動産はどれだけ働いたとしても、一般的な労働者が取得することは困難を極めるでしょう。ではそれに対して田舎はどうなのでしょうか。

例えば田舎への移住を希望する人の中でも比較的希望者の多い秋田県秋田市などの場合だと、4LDKの物件でも1000万円あれば十分に購入することが可能です。

フレキシブルな対応ができる

秋田市にこだわらないとするのであれば、5LDK、100平方メートル以上の物件が1000万円前後で購入することもできるのです。
こうした傾向は北海道や沖縄などにも広くみられており、こうした地域では4LDKや5LDKといったような大型住居を1000万円前後で取得することが可能になっています。

「これからの人生を田舎で暮らしたい」と考える人にとって、「マイホームを安く購入できる」ということは非常に強い魅力となるのです。
「何が何でも都会に暮らしたい」というような人でないのであれば、こうした理由から田舎暮らしを望むのは十分に「あり」だと言えるでしょう。

新規追加ページ